Written by 宍戸竜二 オフィシャルサイト

心のことに関する記事一覧


幸せとは 心のこと

「愛されたい!」と強く願っても、潜在意識の中で「私は愛されない人なんです」と訴えていたら、相手はそのセルフイメージに対してただ同調していく。つまり、自分が自分のことを愛されない存在、価値がない、嫌われて当然。と無意識に信じ続けているうちは、相手はその思いを強化するような振る舞いをするということです。

心のこと

幸せになりたいって誰もが思う思考、願望ではあると思うのですが、これが大きな誤解を生んだりもしています。 私たちは、生活をしている中で見る現実が、様々な無意識への信じ込みを強化しています。 どのように信じ込みが行われているかというと、頭で思う思考、願望のその反対の意味が刷り込まれることが多いです。

心のこと

私がずっと行っている苦しいときの対処法をご紹介します。 様々な難関もご紹介する対処方法で乗り越えて恩恵を得てきました。 私の実践に基づく実体験として記していきます。

心のこと

誰かの他人の言動で自分の気分が悪くなっている、苦しくなっている、あの人がそんなことをしなければ私は気分が良い。 誰かがあんなこと言うから、こんなことをするから、私は気分が悪く、幸せではない状態だ。 であるのならば、他人に自分が幸せになることの権限を明け渡してしまっている。