Written by 宍戸竜二オフィシャルサイト

メールマガジンアーカイブ

「絵というのはな、 自分の苦しかったことや楽しかったこと、 自分の心の中にあるものを描くものなんだ! こんちくしょうめっ!」

メールマガジンアーカイブ

ある日の甲高い着信に出ると、それは声を荒げた友人e子だった。

メールマガジンアーカイブ

お笑い芸人の又吉は、稀に見る読書家だ。 そう言い放ったのは、単発で通っていた小説教室の講師、 根本昌夫先生である。