Written by 宍戸竜二 オフィシャルサイト

離婚などで子供と離れて暮らすことに苦しんでいる方々へ

information

理不尽な離婚を経験している方々へ

今あなたが子どもとの暮らしを奪われたり、離婚などで離れなければならないような状況で苦しみや孤独は、それは気が狂うほどのものでしょう。
僕自身も同じように子どもと離れて暮らし、その苦しみを感じている一人です。

しかし、その苦しみの中で沢山の先人の知恵を借り、価値観を変え、解釈を変え、それまでとは全く違う考えて方で様々な苦しみを前向きなものへと変化させていきました。

その中で芽生えた、自分の生き方のこと、子どもとの新しい視点での繋がり。
僕の中にどのような変化が起こったのかを書きたいと思います。

子どもと離れたその現実は、今すぐ自分の意思だけでどうにかできるものでないのかもしれません。
しかし、自分の価値観と解釈と考え方は、自分の意思で今すぐに変えられることです。そしてそれは、どんな弁護士よりも、どんな法律よりも、何よりも強力に自分をサポートしてくれます。自分の価値解釈を変えること。それだけで見える景色や感じる思いはまるで違うものになってきます。

まずとても大事なことを。今感じているその孤独や寂しさや悔しさ、これを感じていると言うことは何一つ悪いものもダメなものも不要のものもありません。どれも尊いあなたの大事な感情という事を思い出してみてほしいです。こんな感情は感じたくない、要らない、どこかへ行け!と拒否をしている限り、その感情はますます牙をむき出し、あなたをがんじがらめにしていきます。その感情たちはあなたを守るために訴えています。とても感謝できるものだと思えなくても思ってみてください。(説得力がなくて申し訳ないです…笑)

感情は心の皮膚感覚です。例えば皮膚に張りがちくりとすれば身を避けますよね?心で感じる感情も同じように、その苦しみという感情はあなたが今間違った方向へ行かないように必死にそっちに行ってはダメだ!と訴えてくれています。まずは耳を傾け、その感情を感じてみましょう。

そして離れたお子さんは、あなたのことを必ず心の底から愛しています。これは絶対です。
お子さんがあなたのもとに生まれた、それはあなたを守りたくて、幸せになって欲しくて、お父さんお母さんを幸せにしたくてあなたを選んでそこに生まれてきています。
しかしそのような言葉はどこかで聞いたことのあるような言葉にも聞こえますね。

そこで人の意識について少しだけ解説をします。
人の意識には表の意識と潜在的な意識が存在します。
我々は普段人とコミュニケーションをとるときは、この両方を使ってコミュニケーションします。

その割合は、表が数パーセント潜在的なものが残りのすべて。95%ととも言われています。つまりコミュニケーションはほぼ潜在意識の中で行われています。

これはお子さんとも同じようにお互いの潜在意識を使って行われています。
もし今離れて住むお子さんから、「会いたくない」とか「嫌い」などと言われたらそのショックは言葉では言い表せません。僕も子供にはそんなことを表面的にはよく言われたりもします。

けれど、それはあくまでも表面的なコミュニケーションであって、子供の親への愛情は、必ず潜在意識の中で満たされています。
ですので、お子さんが、あなたを拒否するような態度をとったとしても、それは広い目線やこの先の長い人生を思えば必ずお子さんからの愛だとわかる時がきます。

言われた瞬間は、子供から愛されていない。と嘆く気持ちはとてもとてもわかります。
しかし決してやけにならず、これはどう考えると子供からの愛情なのか。そこを考えることに気持ちを切り替えましょう。

離れた子供と強く繋がっているんだなと強く実感した経験があります。

離婚してから数ヶ月経って、それまで定期的に会っていた子供が突然「パパの家、行きたくなーい」と言い出しました。それからも話をしても行きたくないというばかり。そんなことが続き一ヶ月近くその時は会えない日が続きました。その時はまだ、離婚しても間もなくて、もと奥さんとも直接連絡も取れていたりと危機感も薄かったので、会えて当たり前と思っていた時期でした。ですので、一ヶ月会えないというのはその時の僕には拷問に近いような思いでした。
これは経験した人でないとわからないくらい、強烈にきつい経験でした。

その時僕が潜在意識のトレーニングを受けていた出口さんという先生からの指示は、頭の中で思う思考にはとらわれないでください。そして体の内側にある身体感覚だけを感じてください。という指示をいただく。
「思考はあなたではありません、それは虚実です、ただただ身体感覚を感じ続けてください」
僕はその時すでに様々な心理的知識がありましたが、出口さんからはそれが邪魔になっています。とアドバイスをいただきました。ですので、自分が知っている全ての知識は引き出しにしまい、言われたとおりだけのことをし続けました。

そしてそれから、辛くて何もする気も起きない、そんな毎日の中で、僕はひたすら自分の胸の中やお腹のあたりにある苦しみを生み出しているような感覚をフォーカスし続けました。
思考は自分ではない、ただただ身体感覚へと…

そして1週間くらいが過ぎた頃、その日も僕は椅子に座って次々に現れる「子供と会えない」という苦しみの思考が渦巻く中、思考は自分ではない、とただた体の内側を観察してしました。
その日は不思議と自分の目の前のことに集中ができ、子供のことよりも仕事へと意識が向き、色々なアイデアが出たりとスムーズに進みました。そして徐々に苦しみは遠く薄れていきました。そんなことを実感していた夕方頃、ふと電話が鳴りました。電話に出るとそれは当時3歳の娘からでした。ママに頼んでかけてもらったようで、「明日パパの家遊びに行きたいー!」と一言目から。僕は胸が熱くなり、興奮し、「遊ぼう遊ぼう!」と娘に伝えました。
そして久しぶりにたっぷりと娘と楽しく過ごすことができました。

子供の潜在意識は、親の潜在意識と常にコミュニケーションを取っています。それは距離も時間も場所も関係なく絶えずです。そしてもちろん親への愛情を持ってです。

つまり僕が自分の思考という表の意識のとらわれている時は、自分の潜在意識を無視した状態です。ですので、娘の潜在意識とはコミュニケーションが取れない状態です。人は潜在し行きをうまく使うことで自分の人生を進めていかれるようにできています。そして頭に浮かぶ意識できる思考は無視し、追いはらい考えず、自分の身体感覚を感じ続けることで、潜在意識が稼働し、娘の潜在意識との周波数が合った。ということなのです。

そして娘の潜在意識から見たら、親である僕が自分の人生をちゃんと見つめられるようになった。それを感じ取ってくれたんだと思います。そこに意識が向くのなら、離れなくてもいいんだ。わーい。という思いで電話をくれたのだと思います。

みなさんがこれを聞いた時、もしかしたら、それは相手の元奥さんが手を貸してくれたし、電話が通じるような環境だからだよ。などという考えが出た方は、その状態が思考を信じているという証拠でもあります。
潜在意識の能力は凄まじい力とアンテナを持っています。思考を信じず、潜在意識のパワーに身を委ねた時、自分の考えなども及ばないような奇跡が起こるのです。

僕は娘とのそのタイミングこそが奇跡と思えました。それくらい、自分が自分の身体感覚にいたと言える最高の状態の時ぴったりに娘は電話をしてきました。これは事実です。そしてその時は、娘から電話などありえないような拒絶ぶりでしたから。

もしあなたが絶望的な状態だったとしても、それはお子さんからのメッセージだということへ意識を向けてみてください
今あなたには何がありますか?あなたの本当のやりたいことは何ですか?
それこそがお子さんの潜在意識があなたへ求めていることなはずです。お子さんは自分が親と一緒にいたいという思いより、自分が離れた方がお父さんお母さんのためと思うなら、そのために離れるという現実を創っていきます。一見、相手の元配偶者の強引さや連れ去りだったとしても、それはお子さんがあなたのために作った現実なのです。ですので、今あなたが置かれている状況は、どんなに理不尽でも、どんなに苦しくてもそれはあなたのお子さんとあなたの潜在意識、つまりあなたの本当のもう一人の自分からのメッセージなのです。それを拒否し続けて現実を皆ような状況は必ずお子さんの本当の想いを傷つけます。

今こそあなたは自分の人生に責任を持つというチャンスをお子さんからもらったのです。
今一人でいる時間はどんなに苦しくても、あなたのお子さんがあなたのためにくれた貴重で大事なあなただけの時間です。その時間を使って、あなたの人生を前に進めてください。
それが一番お子さんの潜在意識がお喜ぶことですし、自分の頭では考えられないような奇跡が起こせるのです。

頭で考えて続けた行動は、必ず不要な努力を使わないと前には進めてくれません。しかもその先にはずっとまた離れてしまうんじゃないか、誰かに引き離されてしまうんじゃないか?という不安や恐怖がつきまとったまま人生になってしまいます。

あなたのお子さんの思いと、あなたの本当の才能や実力や力を信じて、今のその時間を苦しみを味わうだけのものししないで、自分の人生を作ることに使ってみてほしいです。

何を選ぶかはあなたが全て決められます。
元配偶者やその家族や取り巻く子供を奪った関係者を恨んで憎んで生きていくのか、自分の人生は、誰かの力が及んだときに何も自分の力が発揮できないという被害者の思い出惨めに生きていくのか。

目の前の現実は全て例外なく自分が作り出していて、これからも自分の人生は自分が思い通りに好きなように作り生み出していく。だから全ての現実は自分がなぜそれを作り出したのか、そこだけを考える人生を送っていくのか。

前者と後者は、あなたが選べます。
どちらを選ぶか決めるときがきた。ということなのだと思います。
この現実をお子さんからのギフト。とするのか、誰かからの支配。とするのか。
どんな人生がいいでしょうか。

もし本当に困っているようであれば、是非お話を聞かせてください。僕のできる限りのアドバイスをさせていただきます。
お問い合わせフォームからご相談内容を送信してください。電話やチャットでの相談を無料で引き受けています。
それ以外にも人間関係のお悩みなども、その仕組みを解説するようなアドバイスをさせていただきます。
いつまで無料でできるかわかりませんが、できるかぎりご相談に乗らせていただきます!

こんな風に誰かにアドバイスをしてあげたい。そう思っていたことが少しずつ形になってきています。アドバイスを受けていただく方が、無事に結婚を果たしたり、ご両親との長年のずれた誤解を解いたり、恋愛依存で這い上がれなかった方など、それぞれが前を向いて歩き出したりという変化が起こっています。
これも僕の場合は、子供と離れたこと。その中で学んだことや気付いたこと、その経験がとても貴重なものとなっています。
このように子供は親に本当の自分を取り戻してもらいたい、そう思っているんだなと自分自身が思えなりません。
僕自身、子どもとの暮らしを取り戻したわけではありませんが、それは奪われたもの。ではなく、自分で選んだもの。と今では思ています。
もちろん頭では子供と毎日一緒にいたいです。それは思考の言葉であり、自分の本当に生き方は必ずしもそうではありません。子供と離れて苦しむ方は、そのように何か特別な生き方をする人々に思えるのです。それには苦しい経験は必ず必要になってきます。人はその人自身が経験したことでなければ、話を聞きたいだなんて思わないですから。なので、今のその苦しみの状況はとても貴重なものなのです。
僕もできる限り、離れたお父さんお母さんの気持ちに寄り添いたいですし、本当の子供の思いを知ってほしいと思っています。このように子育てとか、親子などに関しては、本当に誤解が多すぎます。それによって育児で苦しむ人が後を絶たないのは、とても残念なことです。僕自身も以前のママの価値観でいたのならば、確実に心も体も壊して人生をめちゃくちゃなものにしてしまったと強く思います。そのようなことが起こらないように、一人でも本当のお子さんからの愛を知り、今までの価値観をひっくり返し、仲良く楽に生きれることにご協力したいと思っています。

人間の本当の生き方は、今まで日本が文化としてきた我慢が美徳。などという自分を殺すような生き方ではありません。
あなたらしい生き方を探してみてはいかがでしょうか。

100点以上のアート作品が揃います


あなただけのアート作品と出会える、宍戸竜二オフィシャルオンラインショップです。